2009年06月24日

素晴らしい講座でした!

 先ほど、2時間ほどの熱気あふれる講座が、終了しました。素晴らしい時を過ごしました。藤沢さんは……▼fujisawa2fujisawa1
セダクティブなオピニオンリーダーです。2時間が楽しく、情報量も多く、大変楽しい時となりました。参加者とのやりとりも、活発でした。体験が沢山あると、いきいきと語ることができますね。来月は、藤沢久美さんお1人での、経済の講座があります。楽しみです。
 今日は、夕方に、上野にある「国立科学博物館」での経営委員会がありました。この委員会でのディスカッションは大変興味深く、学びが大きいです。博物館の研究員の研究成果は、すばらしものです。発見も、いろいろあるんですよね。国立科学博物館は、日本の中でも博物館の中心として、工夫し、研究しています。博物館に行く、という生活スタイルが日本でもっともっと広がるといいと思います。
 ちなみに、今開催中の企画展は、ガリレオ関連。とても面白いです。夏休みに、子どもにも見せようと思います。

 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kaorisasaki1/51683148
この記事へのコメント
昨日、表参道カレッジの講座に参加しました。佐々木さん、藤沢さんともにとても素敵で、お話内容はとてもハイレベルでたいへん刺激になりました。それにしても、受講者たちがみなさん若く、見た目にもとてもきれいでおしゃれな人がたくさんいたことにまず驚いてしまいました! あんなセミナーは初めてです(笑)。
Posted by APRIL at 2009年06月25日 10:12
日本では、ほとんど美術館、博物館には、行きません。

行くと混んでいたり、展示品が少なかったり、規制が多くのんびり出来なかったり。

N.Y.でメトロポリタンに行った時は、衝撃的でした。
平日という事もアリ、のんびりしていた事。
日本では、話題騒然になるような画家の展示が普通にしてあり、マイペースで見れた事。
絵画から、歴史的なもの、古代エジプトのもの、日本のもの、など見る種類が豊富だという事です。

美術館、博物館などは、見る人が関心を持たないと退屈になってしまうと思います。
おそらく日本の美術館、博物館などは、創る側が真剣すぎて、どういう風に見せようかと考えすぎているように思います。
見る側から自分の関心あるものを自由にゆっくり納得いくまで見れるなどの工夫があると、もっと人気が出るようにも思います。
Posted by 匿名 at 2009年06月25日 10:06