2010年05月02日

ギブ&ギブンの発想

 今朝の「がっちりマンデー」で世界で一番売れているニット編み機を開発した島精機製作所の島社長が、発想の基本は「ギブ&ギブンの発想」とおっしゃって、嬉しくなりました。私が書いた本です。……▼
素晴らしい社長に、テレビでお話し頂けるなんて、本当にうれしい限りです。先日は、パネルでご一緒した田坂広志さんが「10年ほど前に佐々木さんの本を読んで以来、ギブ&ギブン(give & given)という発想はまさにその通りだと思って、僕もいろいろなところで、ギブ&ギブンという言葉を使わせてもらっているんです」とおっしゃっていました。
 「ギブ&ギブンの発想」という本は、97年に出版したのです。ギブ&テイクではなく、ギブし続けることで、いつか周囲から与えられる、ということです。
 ITの世の中になると、実は今まで以上に、人の人格が見えるようになる。見えないようで、今まで以上に見える。だからこそ、自らを律することが大切だし、ギブし続けることが大切だ、という視点も含めました。
 この本は、その後文庫化されました。「自分が輝く7つの発想―ギブ&テイクからギブ&ギブンへ (知恵の森文庫 520円!) ギブ&ギブンの発想や、ギバーとは何かなど、書いてあります。ぜひ読んでいただきたいです。
 14年後の今、今週になって島社長と田坂さんと、2回も続けて「ギブ&ギブン」が広がってきていることを知り、未来予測、重要になる価値観・発想・視点を提案し続けてきていることの大切さ、喜びを感じています。東京は快晴だし、なんだかとてもいい日です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kaorisasaki1/51815891
この記事へのコメント
「がっちりマンデー」見ました!
佐々木先生の著書も本棚にきっちり、並んでいます!

ギブ&テイクではおなく、ギブし続けることで、いつか周囲から与えられる、という
ギブ&ギブン(give & given)という言葉☆ に出会い
胸にびしっと刻んでから、
もう、「14年」も経ったの・・と驚いています!

今日またここで、再確認し、インプットし直しました!

佐々木先生、お子様と素敵な連休をお過ごし下さい♪

Posted by 京都ひろ at 2010年05月02日 11:26
10年ほど前から、著作や、HP等で大きな啓発を受けてきました。いつも、本当にありがとうございます!
今、小学校6年生の担任をしていますが、子どもからこんな声が挙がりました。
「みんなが仲良くなるには、勝ち負けのない楽しいゲームをすること」と。
わたしは、子どもたちに教えられました。ゲームには勝ち負けがあるという私の無意識の前提をうち砕くと共に、子どもの関係を悪くしていたことに気づかされたのです。この声を上げた子は、一番のやんちゃな子でした。
 WINーWINの関係を、しっかりと具体化してきたいと思います!
Posted by かず at 2010年05月03日 06:48