2015年05月07日

マーケティングマスターコースで

日本マーケティング協会が開催しているマーケティングマスターコースで、もう10年近く?になるのでしょうか、毎年講座を担当させていただいています。
1年間、様々なクラスを受けるという受講生の皆さんは、有名大企業のマーケティング担当者等。ずっと同じメッセージを送り続けていますが、ここ数年は、メッセージが届くようになった気がしています。前回の参加者の皆さんからも・・・▼続きを読む

フィードバックシートを見ると

「サイコグラフィックという視点は今後のマーケティングプロモーション活動にとても参考になり取り入れたいと実感した」

「短い時間でしたので、かなりお伝えになれるのが“難しかった”と思いますが、ダイバーシティという視点・要素の重要性を感じました」(町田市・男性・40代・HMさん)


「対話型マーケティングの重要性について、改めて気づかされました」(東京都・男性・30代・TKさん)

「日常の販促・調査においても、いままで幼稚園児のいるお母さんが多く、保育園児(有識女性)へのアプローチが非常に難しく、参考になった。ただし、ワーキングウー案の中でも意識レベルでかなり違いがあると思ったので、特にサイコグラフィックが重要になるなあと感じました」(男性・30代)

「女性の変化にともなう視点・考え方の変化がとても理解しやすかった」(東京都・男性・20代・SHさん)

など、その他、回収できたフィードバックシートを読むと、満足度は100%。イー・ウーマンで行って来た様々なプロジェクトや調査等から見えて来ている新しいマーケティングのポイント、大切にするといいだろうポイント等を、マーケティングの方々とディスカッションすること、とても好きです。
この秋には、別のマーケティング関連セミナーにも登壇させていただく予定です。そちらは、海外の方々とのディスカッションらしいので、また楽しみです!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kaorisasaki1/52175442