2015年09月11日

スウェーデン大使館で、講演しました

I gave a 90min speech to a delegation from Sweden on "Women in Japan".
スウェーデンから30名程が初めて来日。日本の事情を学ぶ1日、ということで、90分間、スウェーデン大使難にてWomen in Japan ということでお話しました。
スウェーデンは外務大臣来日の際もプライベート夕食会にお招き頂く等、時々お声かけ頂きます。今回は、日本の女性事情についてなんの情報ももたない方々ということで、ざっくり歴史背景から、今の働き方の問題、規制改革までお話しました。たとえば、
the Equal Employment Opportunity Law
Women’s Potential Labour Force Participation Rate by Age Group
Maternity leave in Japan and its compensation
Child care leave in Japan and its compensation
Proportion of Female Workers and Female Administrative/ Managerial Workers
Changes in the Number of Dual-Income Households
Gender Gap Index
Regulation Reform
Diversity of View point
Product Innovation
The largest Conference in Japan for Working Women etc..
私にとっても興味深かったのです。なぜなら・・・▼続きを読む




話している最中から、どんどん質問が来る。
"Why?" という質問もあれば、
日本の企業が女性活躍をしていない事実を聞き
直接的に"Stupid!"(馬鹿げている!)の一言。
そんな経営をしている企業には、誰も投資をしないだろう、とも。
話をしていて、気持ちがいいのですよね。
ついついいろいろなエピソードも話してしまいました。
最後に女性参加者から、Dishwasherの話、面白かった! と言われました(笑)。
大使館からは「佐々木様の日本に男女平等参画の歴史や変遷、現内閣の取り組みを丁寧にご説明していただき、大変有意義な講義となりました。一同を代表して心より感謝申し上げます」とメッセージをいただきました。
スウェーデンのように日本はなれるのでしょうか?




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kaorisasaki1/52189327