2018年05月10日

WPOカンフェレンスへのパートナーがすごい

今回のカンフェレンスには51社ものスポンサー企業が応援していました。ロビーを見ても、カバン、靴、アクセサリー、服、お化粧品といった販売ブースや、自動車の展示!や、クレジットカード会社、健康サポート企業、資産運用、銀行、出版社・・・など。ものすごい人だかりで、みんなガンガンショッピングをします。わたしも「自宅の洗濯機で洗える」というサンダルを買いました! ハーバードビジネススクールも起業家・ビジネスオーナー向けのビジネススクールに200万円の奨学金を2人に提供。対象は10億円以上の売り上げのある企業で、応募した経営者から最後の4人が大会場でプレゼン。舞台にいる3人のジャッジがそれを聞いて最後の2人に絞り込みます。これからの2年間で、3週間集中コースを3回受講し、ハーバード卒業生クラブのメンバーになれる、というものです。

ニューヨークでのダイバーシティカンフェレンスでもそうでしたが、グローバル企業でダイバーシティに熱心な会社は、本気です。とことん本気で応援することが、経済を、そして社会全体を良くする事だと信じていることがわかります。社長が会議に参加しているといのも本気度がわかります。参加する方も、応援してくれる企業のモノを買いたいと思うし、サービスを使いたいと思う。だからサンダルを買ったりするのですよね。いいビジネススパイラルが生まれます。

国際女性ビジネス会議も、日本最大規模の1000人が集まる会議です。高校生から70代まで、男性も12%、国籍も20以上。ダイバーシティですから立場も職業も年収もまちまちですが、多分日本で一番影響力のある女性たちが参加していると思います。ここにたくさんの企業がパートナーとして参加してくださること、期待しています!

IMG_8411IMG_8412IMG_8413IMG_8414IMG_8415IMG_8419IMG_8420IMG_8421

Posted by kaorisasaki1 at 06:30│Comments(0)