2018年06月08日

スペインの内閣は、女性が半分以上に!

スペインの内閣に注目しています。
サンチェス首相が、6月6日に発表した新内閣の閣僚は、17人のうち女性が11人。それも、財政大臣、国防大臣、経済大臣、教育大臣などの重要なポストに女性を採用。女性閣僚の割合が欧州で最多、ということです。

もちろん、これがBBCでもニュースになるのですから、ヨーロッパでも驚きということ。「今回の内閣は半分以上が男性だった!」なんてニュースがないのですから、いかにまだ、世界中のバランスが悪いのかということが見えてきます。

でも、どんどん増えてきています。大統領、首相など、トップの決断、選択で、あっという間に変わるのです。カナダのトルドー首相は、最初の閣僚の半分を女性にした際に、理由を問われると「もう2015年ですから」と答えたという有名な話がありますし、フランスのマクロン大統領も閣僚の半分に女性を任命しています。若手のリーダーが変えていくのかもしれません。

日本で、半分の閣僚が女性になるのは、何年だと思いますか?



Posted by kaorisasaki1 at 21:00│Comments(0)