2018年06月15日

米国国務省、教育文化局次官補のMarie Royceさんと

今日は、米国国務省、教育文化局次官補のMarie Royce (マリー・ロイス) さんと数人でランチを御一緒する機会に恵まれました。素敵な方でした!
彼女は、米国の企業でも長年働き、今は政府のハイポジションにいらっしゃる方です。今日は、トランプ大統領のサイン入りのレターを持って出席され、日米が教育面でもっともっと協力できたらいい、という話になりました。日本からアメリカへの留学生を増やすにはどうしたらいいのか。また、姉妹都市を増やして交流をすることにも話題が及びました。もちろん女性活躍についても。
彼女は、仕事をした企業でメンター制度を作り、若い女性たちを応援していらっしゃったそうです。また、テレワークの重要性をとても強く感じていらっしゃり、ご自身が就職した1社目では・・・
uz3rkMlQTD+MoYWxh85N5g
最初の8年、就業時間の9割をテレワークにし、それでも、ナンバーワンの売り上げを達成したことなども話してくださいました。テレワークこそが女性活躍や、男性の活躍に重要だと力説されていました。
私が9月に立ち上げるWPO(Women President Organization)日本支部の話をすると、なんと彼女は、WPO のNY本部の最初のボードメンバーだということで、代表のMarsha Firestoneという共通の友人がいることもわかりました!

・・・今回のランチは、私の大切な友人(とお呼びすると失礼でしょうか)の米国大使館広報担当公使、Magot Carringtonさんとのご挨拶にもなりました。近々大使館を去られますが、彼女が日本に来て、最初に会った日本人女性が私だったということで、お互いにハグしてご挨拶。この期間たくさんサポートいただき、とても感謝しています。

海外からの要人にお会いする機会に恵まれますが、日本が良くなっていくために、世界が良くなっていくために、知恵と、工夫と、愛情を、共有して前進したいと思います。
HEDE2kNIRJ+LDBj0gs2apw9C%Nqg8BQeWVR09CZRMRDwBjMYm%5jT56yfI4J25qeiQ
Posted by kaorisasaki1 at 18:00│Comments(0)