2018年06月18日

おもてなしクラウド、ってご存知ですか?

今朝の大阪での大地震。朝から心配でした。小学生の女の子が亡くなられたと聞き、1日、胸が痛くなっています。
今日出席した会合でも、私は、今日の大阪の地震の時に、特に日本語のわからない旅行者の方、在日外国人の方が、どのような状況だったのか。ITの上での不便や便利を、是非伺って生かしてほしいと述べました。

総務省の「2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会」の委員になっていて、本日会合があったのです。

オリンピックやパラリンピックだけでなく、日本全体がどんな風にITを活用していくと、生活が良くなり、楽しくなり、海外からのお客様にとっても便利か。そして、安全かということを、ITの視点で、考えていく会です。私の意見の最初が、上記の大阪のことでした。そして・・・

2つ目はテレワーク。7月24日の週をテレワークデイズとして今年はテレワークを国が促進します。私たちイー・ウーマンも新しいオフィスには、テレワークができるクラブフロアを開設しました。オリンピックの開催期間中に、多くの人が自宅やサテライトオフィスで仕事ができ、東京都心にくる人口を減らすというのも、国のテレワークの目的の一つです。ですから、具体的に進める段階だと思います。例えば、大企業は社員全員が週1日はテレワークをする、などと実施を大胆に具体的に進めるのはどうか、と発言しました。

3つ目はおもてなしクラウド。来日する方々の言語で旅で必要な多様なサービスが受けられるようにするIT技術です。航空会社や旅行会社とも連携し、日本到着前、直後から、登録して活用できるように、と開発が進んでいます。どんどんオープンに開発にしてほしいと思います。

4つ目は voice tra ボイストラ。優秀な無料翻訳アプリです。自分が話した言語から、訳してほしい言語に自動的に変わり、それをもう一度自分の言語に戻してくれるので、翻訳が正しいかどうか、その場でも、安心して使える。最高にいいです。先日スイスで使った話は、以前(2018年6月4日のブログに)書きました。これを、日本に来る人だけでなく、私のように、海外でも使えるし。高校生や大学生にもどんどん使っていただき、広めていってもらいましょう、と話しました。

もちろん上記以外にも無料WiFiや、キャッシュレスの普及など、テーマは多岐に及びました。
2020年、そして、その後に残り使ええるように、便利で、楽しい日本になるうように、ICT活用、しっかりしていきたいですね。

Posted by kaorisasaki1 at 23:57│Comments(0)