2018年06月12日

米朝会議 The Trump-Kim summit

今日は、朝から1日中、携帯テレビを持ち歩き、シンガポールで開催された米朝会議をウォッチしていました。
CNNがどう伝えるのかも興味深く、帰宅後はCNNライブ番組も見ています。CNNに寄せられる視聴者からのメッセージは、随分ネガティブなものも多い気がします。「北朝鮮は、何度も約束を破っているではないか」「良い記念写真になっただけ」そして「日本や韓国はどう関わっているのか」など。
私は北朝鮮の専門家ではありませんが、今回の会談が平和への急速な変化を望みます。ベルリンの壁が壊させるときも、突然でした。ですから、突然の好転を期待します。
しかし、そうでしょうか。どうも今日の会談と会見を見る限り、・・・
両リーダーの個人的な目的・立場・欲望の一致が成したもので、完全な解放や平和への決意があるようには思えませんでした。

・本当に、平和を望むなら、なぜ彼は金正男氏を暗殺する必要があったのか?
・「体制を保証」とは何か? 
 金正恩の命を取らない、ということか?それとも今のままの独裁・非人道政権の継続を保証?
 北朝鮮内に投獄されている「政治犯」など全員の解放をしていくのか?
 餓死寸前の国民については、どのような変化が起きるのか?
 生活の自由、通信の自由が全国民に認められるのだろうか?
・完全な非核化で、、との共同声明だが、記者からの100%非核化か?という質問に答えなかったトランプ大統領。その意味は?
 過去にも約束し、破った経験。非核化へのスピードと方法は?
 CVID(complete, verifiable, irreversible, dismantlement)「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」の道のりは?
 
拉致についてもトランプ大統領は「約束どおり」「口にした」、ということですが、どのように進むかどうかのコミットメントは聞くことができませんでした。It will be worked on と言いました。そして、安倍総理は、拉致問題は、日朝の二国間で解決すると発言しました。私が総理で、トランプ大統領の力を借りる状況なら、この会談で「北朝鮮内の日本人を全員リストにして帰国させる」というレベルまで約束させ、その後、その具体策を日朝で話し合う、ということにしたかった、と思います。あるいは、日朝会談の日程期限を決める、など。米朝イベントで満足した後、すぐに日朝間に残された難しい「仕事」に北朝鮮が即座に、本気で、取り掛かるのか、わかりません。

ショーとしては、互いに個人的メリットあり。
互いで「巨大な事業」をすることで合意。
しかし、
社会の平和、国民の人権、アジアの平和などといった大きな問題については、語っていません。ここまで来たことを喜び、私も、今日を機に、平和が構築されることを願っています。だからこそ、世界がこの後、評価の目を厳しく持っていく必要があるでしょう。安心せず、最高の結論になるまで、スピード感持って動き続けることです。




Posted by kaorisasaki1 at 23:57│Comments(0)