2018年07月04日

設立31周年。第32期に、入りました!

私が最初に起業した会社、株式会社ユニカルインターナショナル、が、2018年7月1日から、第32期に入りました! つまり設立31周年! 自分でも驚きます。
イー・ウーマンは知っているけど、ユニカル?という方もいらっしゃるかもしれないので、ぜひ、この機会に、知ってください。 そして、どうぞ、翻訳や通訳をご依頼ください!!
ユニカルインターナショナルとは、翻訳や通訳を中心に企業のグローバルコミュニケーションを支える国際コミュニケーションコンサルティング会社です。現在4000人以上の登録と、70言語対応で言語のスペシャリスト達が集うネットワークです。
主に上場グローバル企業の通訳・翻訳をしています。国際会議、イベント、記者会見から取締役会などの同時通訳、大臣はじめとする政府機関の通訳、そして、翻訳は、毎日のプレゼンテーション資料、プレスリリース、契約書、グローバル化に向けての社内文書、ウェブ、周年冊子、アニュアルレポート、パンフレット、ビデオ、書籍、スピーチ・・・。
分野も、金融、外交、食品、アパレル、化粧品、飲料、自動車、造船、経営関連、教育、音楽、芸術・・・と幅広いプロがいます。
ユニカルの特徴は・・・
日本で、ほぼ最初にできた「ネットワーク型」の会社だということです。
「適時・適材・適所」で、プロの組織を作り、また、会社の中も、今流の言葉で言うと「働き方改革」をすすめ、誰もが働き続けられる会社にしよう、とたくさんの仕組みをつくり、設立しました。デジタル化も早く、1988年には電子メールを使い始め、オリジナルのデータベース構築開始。1990年には、電子会議室を使って議論もしています。アップルコンピュータを使っての翻訳原稿の打ち出しやレイアウトはクライアントにも喜ばれ、また、アップルコンピュータジャパンの社内報を取材、執筆、DTP印刷までする、などということもしていました。1992年には、電子メールを使っていない人には仕事がいきません!という宣言をして、IT化を進めてきました。・・・いろいろ先取りしてきたユニカルインターナショナルは、翻訳者通訳者との人間関係も温かく続けてきました。毎年開催するパーティには、一緒に仕事を始めて31年!という日本最高クラスの翻訳者通訳者もいます。ありがたいことです。

◆高品質です
通訳、翻訳が高品質です。
例えば翻訳。
日本語を母国語としている人全員が、記事を書いたり、ニュースリリースが書けない、ことと同じで、
また、プロの報道記者が母国語で取材して書いた記事も、誰のチェックもなく印刷されることがないことと同じで、翻訳も、ファーストドラフト(最初の翻訳)から、仕上がりまでには複数のプロの目が必要です。ユニカルでは、コピーライターもチームに加わり、高品質の仕上がりでクライアントに高い満足をいただき続けています。

コミュニケーションには「情熱」が必要です。ユニカルに集まる通訳者や翻訳者は、ユニカル本社のスタッフと一つのチームとなって長年仕事をしてきています。互いに高め合い、情報を共有し、クライアントの皆さんへの最高の仕事を提供しますので、ぜひ、32年目に入りました、ユニカルインターナショナル、よろしくお願いします。いろいろなご相談、ご発注、お待ちしています!
  *ユニカルインターナショナルサイト
  *お問い合わせフォーム
Posted by kaorisasaki1 at 23:30│Comments(0)