2018年07月09日

タイの洞窟から

13人のサッカーチームの少年たちが洞窟に閉じ込められてから、世界中が注目している救出。まだ、まだ救出途中ですが、ずっと気にしてニュースを見ています。日本ではなかなか報道されず、CNNとBBCを見ています。
昨日4人、今日4人。合計8人目まで救助されたという報道です。残り5名。4名の子供と、25才のコーチです。一人ダイバーが死亡しているので、諸手をあげて喜ぶこともできないのですが、過酷な環境で子供達は冷静に対応しています。
今回のニュースを見ていて関心・感動するのは、子供達のマナーです。礼儀正しく待ち、話し、耐えています。あの様な過酷な状況なのに、落ち着いています。25歳のコーチが僧侶でもあるから、瞑想などを教えたらしいという報道もありました。彼らの忍耐力と穏やかな心が、ここまでの成功を支えているのでしょう。さらに感動するのは親達です。・・・
どの親達も全ての子供が救出されるまで全員一緒に祈っているというのです。救出された子供の親達も、自分の子供に会いに行かず、全員が救出されるまでは、洞窟の近くで一緒に、親全員で祈っているというのです。タイのみなさんの、高貴な人間性に、尊敬と感動をしています。
 泳ぎができない子供もいる、それなのに、泥水の中を5時間もかけて泳いだりしながら出てこなくてはなりません。マスクは顔全体をおおう大きな物を使っている様です。その方が、安心ですね。あと5人。毎日4人ずつでしたが、明日は5人でしょうか。全員の安全な救出を、心から祈っています。

Posted by kaorisasaki1 at 23:59│Comments(0)