2018年10月19日

第4次安倍内閣。女性大臣1人の背景と影響。

新内閣の発表があり、様々なコメントが聞かれましたね。在庫一掃、女性一人、全員野球・・・。私は、この任命をみて「日本の大企業そっくり」との印象です。

「女性活躍」と言っている総理が女性大臣の任命一人というのは、わかりやすいポイントです。片山大臣についてのニュースもおおくなってきましたので、この後どうなるかわかりませんが、しかし、任命できるポジションの人=総理は、ベストなチーム作りのために人選しなくてはなりません。
今回の内閣は、今の日本の、最高の陣営なのでしょうか?
多様な価値観を考えた議論や決断ができるチームメンバーでしょうか?

ダイバーシティとは、ただいろいろな人がいるということではなく、研究や議論の際に「多様な視点」がテーブルに乗り、様々な角度から一つの物事を考えることです。
日本社会は・・・


どうも、自分の側近に、組織の幹部に、同じような学歴、生活経験、仕事経験の人を集めてしまいがちです。それを「信頼できるから」とか「実績のあるだから」、などと表現しているのですが、本当にそうでしょうか。

自分と近い人を集める人事が多かったために「一つの視点」で物事を判断してすすめる時代が長く続きました。もちろん、そこには力強さやスピードがありました。違和感を持つ人もいないし、皆同じ考えだから、力強かった。それにより日本が強かった時代もあるのです。
しかし、時代が変わりました。

IT化、グローバル化など、人々の情報量が増え、価値観も多様化し、自由度が増してきている今、企業も、政治も、メディアも、今までと違う、多様なライフスタイフの消費者、国民・市民、視聴者・読者のことも考えて、決断し、前進する必要があります。

例えばアメリカの企業だと、昇進させるための候補者には、常に男性と女性がいること、人種のばらつきがあることが求められます。「候補者がいない」というのは上司としてダメだという評価です。日本は、どうでしょう。

各ポジションの人が、積極的に探し始めているでしょうか。
経営トップが決めればできること、があるのです。

総理が、女性大臣を増やそうとコミットして、任命しさえすれば、大臣の数は増えます。
社長が、女性役員を増やそうとコミットして、候補者にあげれば、総会の承認を得て就任する女性役員は増えるでしょう。

それを、「女性活躍は始まったばかりだから」という発言で、あたかも適任がいないような表現で任命を避けた総理の言動は、問題があると思います。そして、仮に、女性大臣に問題があっても、「女性大臣だから」と言わないようにしなくてはなりません。だって、男性大臣で問題があった人、たくさんいらっしゃいますから。







Posted by kaorisasaki1 at 23:19│Comments(0)