2019年04月04日

24時間営業は必要か?

セブンイレブンの24時間営業が話題になっていますが、私は、24時間のコンビニエンスストアは、なくても良いのではないかと思っています。もちろん、オーナーと従業員が、共に、上手なワークシフトを組み、とてもやる気があるというなら、それを止める理由もないです。

でも・・・続きを読む
「24時間あいていたら、何かあったときに便利だから」という顧客がいるという理由から、オーナーや複数の従業員が夜中のシフトも組んでお店にいる必要があるでしょうか。

短期的な「便利」より、長期的な「幸福」を提案する企業になればいい。顧客だって、自分の生活を考えて、事前に買い物するなどすればいいのでしょう。

お正月も、気になっています。
お正月に営業しているスーパーやファーストフード店等では買い物をしない、というような消費者の動きがあってもいいかな、と思います。お正月に従業員を休ませないなんて。企業ブランド価値は下がると思います。お正月は7日間お店が開かず、街が静かで、少し不便で、という時代もありましたよね。だから対応するための知恵も生まれました。

物流など全ての仕組みが24時間体制でうごいているから1-2店舗の自由を認めるのは難しいというコメントも聞きましたが、会社の姿勢として、24時間を辞める、という選択をして、動いていったらどうでしょうか。

時代も、人生観も、価値観が変化しているのです。リーディング企業には、先を歩いてほしいです。

人々が、家にいて、家族や友達と時間を過ごしたり、食を楽しんだり、本を読んだり、音楽を楽しんだり、絵を楽しんだり。・・・そんな時間が増えると、幸せな心の人が増えて、いい社会になると思うのです。生産性も上がるし、イノベーションも起きる。

便利なことはありがたいけれど、でも24時間営業してくれなくていい。体と心が健康である社会を作っていくことが大切だろうと、私は考えています。

Posted by kaorisasaki1 at 21:23│Comments(0)