2018年09月24日

ギブギブギブ。GIVE Give!

昨夜、TBSテレビの初耳学という番組で林修さんが「ギブギブギブ」ということで、尾原和啓さんの本と発想を紹介され、絶賛されました。尾原さんも古くからの友人なので、あら、尾原さん!と思って聞いていたら、お話になったのは、私が「Give&Givenの発想」(ギブ&ギブンの発想)として1997年、つまり今から20年前に本に書いた内容です。どんなことを書いていたかというと・・・
スクリーンショット 2018-09-24 10.39.55



  続きを読む

Posted by kaorisasaki1 at 10:59Comments(0)

2018年08月14日

アメリカの大学から、Letting Go について

息子が、アメリカの大学に入学しました。
入学式、なんていうものはないようですが、「親のためのオリエンテーション」が2日間で4回あり、好きな時間帯に出席できます。学生数が多いのですね。また、親たちに向けて、学校からのお知らせメールなど次々メールが来るのです。やっと読む時間ができて今読んでいたら、最初に「Letting Go」=手放す、子離れ、について、という長いメッセージから始まりました。

College is a time of change and transition for both you and your student. Your student may deal with these changes through mood swings and ambivalence. Being prepared for these changes can sometimes ease the process; the sudden shift from being involved in your student’s plans to not being a part of their day-to-day lives may be jarring and cause a feeling of loss or helplessness. It can be both a liberating and unwelcome change.

大学入学が、アメリカでは子育ての終了、というか、子どもが独立する時なので、その感情の揺れへの対処の仕方として次のようなTIPS(秘訣)が書いてあります。・・・  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 10:45Comments(0)

2018年07月31日

ファシリテーションの研修

WPO(女性経営者組織)は、それぞれの支部の会員同士が、守秘義務契約を結んで、毎月ミーティングを開き、誰にも相談できないような経営やプライベート、また家族の課題を互いの経験から解決していくためのミーティングを開くというのがメインの活動です。もちろん、答えを出すのは本人ですが、同じ環境にいる仲間が自分の経験を分かち合うことから、答えを導きやすくしていきます。こういった仕組みをPeer Learning(仲間同士の学び)といい、私が以前支部長をつとめていたEO(若手起業家組織)にも同じ考え方のフォーラムがありました。
ですから、各チャプター(支部)のチェア(支部長)は、そのファシリテーションのスキルを学ばなくてはなりません。
あたらしく支部をつくった人、これから作る人が数名で、贅沢にもEdward Lowe財団にて、研修を受けることができるのです。そこは、自然の中の・・・
EKNc2CZ+SsCWtidAPpvllg

  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 06:00Comments(0)

2018年07月14日

連載記事への皆さんからのメッセージ

日経パソコンに連載をしていたのですが、先日終了したところ、こんなメッセージを編集部からお送りいただきました。

「メールで気になる表現が「ご確認ください」です。何をどう確認すればいいのかわからず、「確認」することの責任を押し付けられているような気がします。「確認」はIT業界の人が良く使うみたいで、残念ながら貴誌にも乱用されています。他の言葉に置き換えればいいのにと思います。そんな折、佐々木かをりさんの連載記事に好感を持ち、彼女の著書を読んだら・・・
  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 23:57Comments(0)

2018年07月09日

タイの洞窟から

13人のサッカーチームの少年たちが洞窟に閉じ込められてから、世界中が注目している救出。まだ、まだ救出途中ですが、ずっと気にしてニュースを見ています。日本ではなかなか報道されず、CNNとBBCを見ています。
昨日4人、今日4人。合計8人目まで救助されたという報道です。残り5名。4名の子供と、25才のコーチです。一人ダイバーが死亡しているので、諸手をあげて喜ぶこともできないのですが、過酷な環境で子供達は冷静に対応しています。
今回のニュースを見ていて関心・感動するのは、子供達のマナーです。礼儀正しく待ち、話し、耐えています。あの様な過酷な状況なのに、落ち着いています。25歳のコーチが僧侶でもあるから、瞑想などを教えたらしいという報道もありました。彼らの忍耐力と穏やかな心が、ここまでの成功を支えているのでしょう。さらに感動するのは親達です。・・・  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 23:59Comments(0)

2018年07月07日

国際バカロレア IB result 2018 発表されました

息子から、「IB results come out in 2 hours」と突然のラインメッセージ。
スイスに行って最初の1ヶ月は頻繁に連絡ありましたが、その後はno news is good newsということで時々、突然、急ぎの案件、で連絡がくるだけです。
昨夜、突然のメッセージに興奮して返事をしたのですが、その後、受験者だけが成績表を見ることができるそうで、彼からの再度のコンタクトを待ちました。全世界で何十万人が受けているのでしょう? 
すると2時間後、今度は突然のFacetime。どんどん成績を読み上げてくれます・・・続きを読む
IMG_9734
  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 12:17Comments(0)

2018年06月29日

ネットや携帯トラブルの相談窓口は、ここです

今週は、私が評議員をつとめるインターネット協会の評議会がありました。

インターネット協会は、技術的な情報の収集や提供もしている専門家集団ですが、一方で、インターネットのマナーについての冊子をつくったり、ネットや携帯トラブルの相談窓口を運営したりもしています。子供達や先生・保護者がインターネットのトラブル、困った時に無料相談できます。 コチラ です。

どんどん、活用して下さいね。
10年前と比べてみても、インターネットの環境は大きく変わっています。今回は、今後のインターネット協会の活動のあり方など、話し合いました。
  
Posted by kaorisasaki1 at 23:30Comments(0)

2018年06月24日

12年間、理事を務めました

先週、KDDI財団の理事を退任しました。なんと、12年間も務めさせていただいた、とのこと。本当に長い間、ありがとうございました。就任した当時は、「国際コミュニケーション基金」という名称だったのですが、その後合併などあり、今は、KDDI財団という名称です。
情報通信の普及・振興に資するため、関連する各分野の研究及び事業に助成をするなどしています。世界に向けて誠実にサポートしている財団です。最後に皆さまに懇親会(送別会)をしていただきました。ありがとうございました!
IMG_0147


  
Posted by kaorisasaki1 at 23:58Comments(0)

2018年06月16日

六人の会

今日は、楽しい食事会でした。「六人の会」です。年に数回、持ち回りでレストランを選び、皆で集まって食事をしています。そのメンバーは・・・
IMG_0100
  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 23:30Comments(1)

2018年06月13日

マッチングスポンサー、をご存知ですか

2011年の震災の年、私は、国際女性ビジネス会議を予定通り開催するかどうか考えました。着席のコースランチや夜のビュッフェを含め1000人が10時間集う。冷房も使うことになる。・・・しかし、1年前から楽しみにしていた人たちもたくさんいる。色々考えた結果、大きく2つのことをしました。一つは時間帯の変更。朝10時ではなく8時から開始し、着席ランチをなくし、午後の2時までの6時間にし、ランチをビュッフェにし、冷房を極力使わない、という工夫をしました。そして、もう一つ、新しく・・・

  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 23:00Comments(0)