2018年06月15日

米国国務省、教育文化局次官補のMarie Royceさんと

今日は、米国国務省、教育文化局次官補のMarie Royce (マリー・ロイス) さんと数人でランチを御一緒する機会に恵まれました。素敵な方でした!
彼女は、米国の企業でも長年働き、今は政府のハイポジションにいらっしゃる方です。今日は、トランプ大統領のサイン入りのレターを持って出席され、日米が教育面でもっともっと協力できたらいい、という話になりました。日本からアメリカへの留学生を増やすにはどうしたらいいのか。また、姉妹都市を増やして交流をすることにも話題が及びました。もちろん女性活躍についても。
彼女は、仕事をした企業でメンター制度を作り、若い女性たちを応援していらっしゃったそうです。また、テレワークの重要性をとても強く感じていらっしゃり、ご自身が就職した1社目では・・・
uz3rkMlQTD+MoYWxh85N5g  続きを読む

Posted by kaorisasaki1 at 18:00Comments(0)

2018年06月07日

女性取締役、女性監査役を紹介しています

女性取締役、女性監査役を増やす、という動きが進んでいます。
3月の安倍総理の「上場企業に対し、女性の取締役を1人以上登用することを促す」という発言もあり、コーポレイトガバナンス・コードは、女性取締役を増やす方向で改正されていきます。

女性役員というと、女性取締役、女性監査役、時には、執行役員まで含まれますが、本当に大切なことは、議決権のある取締役として女性が何人入っているのか、ということでしょう。執行役員というのは、取締役会に出席しませんし、監査役には議決権がありません。本当の意味での企業の「統治」を考えるなら、多様な意見が飛び交う役員会、というだけでなく、決議に参加する女性を、外国人を、独立性のある社外を増やしていくことが大切だろうと思います。

女性ならいいのか?という声が聞かれることもありますが、女性ならいい、なんてはずがありません。しかし、今ままでのビジネス界(政界も、社会もですが)は、男性ならいいのか?ということでしたから、まあ、どのような性でも、色々な能力の人がいるということで、まずは、取締役を半分半分にしたらどうでしょうか、という考え方は、そんなに奇妙なことではないと思います。

私は、本日現在は、NEC、小林製薬、APG、日本郵便と4社の社外取締役を務めています。NECは、今月で終了ですので、7月からは3社(上場は2社)になります。過去に務めさせていただいた企業も含めて、複数の企業の取締役を務めさせていただくことは、本当に勉強になり、また、貢献する力が高まります。

偶然本日は、郵政グループの女性の社外役員での交流会をしましたが、そこでも、複数企業の役員を務めるメリット、また、現役の経営者が社外役員を務めるメリットが大きいことを語り合いました。

女性の役員候補というと、弁護士や会計士が多いと聞きますが、私の周りには、上場企業の役員経験のある弁護士や会計士も沢山いますが、加えて、経営経験のある女性候補者、経営経験および上場企業の社外取締役経験者、もたくさんいます。外国籍の女性も、海外でのマネジメント経験のある男性、女性の候補者も沢山います。

また、現在、上場企業の役員をしている女性達含め、近々、THE BOARDという名称で、そのような女性社外取締役候補、外国人社外取締役候補など200名をクラブ化して、ネットワークしたり、勉強会を開催したりする予定です。そして、その女性たちの女性役員を探している企業への役員紹介、斡旋を強化します。

取締役会が、多様な視点で語り合えるようになることが、企業経営の健全性、つまりは成長性となりますから、この動きが促進していくことを期待しています。

すでに来期の総会に向けて、多くの企業が女性役員の確保に動き出しました。

女性役員はいないのでは?と考える企業も多いようですが、イー・ウーマンには、上場企業の現役女性取締役、監査役を含め、沢山います。ある意味、早くアプローチすることが大切。ご相談は無料ですので、まずはお問い合わせください。お問い合わせは、こちらから。

  
Posted by kaorisasaki1 at 23:59Comments(0)

2018年05月19日

世界銀行 We-Fiのチャンピオンに選ばれました!

今朝、電話会議を持ち、正式に決まりました。

米国ワシントンDCにある世界銀行が行なっている、女性起業家たちへの支援プログラム、We-Fi(ウィーファイ)。The Women Entrepreneurs Finance Initiative の略です。イバンカさんが力強く支援していて、来日の際のスピーチでも発言していたので、有名になったかもしれません。世界の女性起業家、経営者に融資をするというプログラムです。昨年2017年の10月に、厳選な審査を通った6000人の女性起業家に最初の融資を行ったとの事です。

資金を出しているドナー国から2名のチャンピオンが推薦されます。私も外務省からの推薦で選ばれ、今日は、ワシントンDCの担当者と、今後のことなどについての電話会議。正式に2018年05月から2年間の任期で、お受けすることになりました。各国のチャンピオンたちとの交流も楽しみです。これから、時々、この活動についても報告しますね。  
Posted by kaorisasaki1 at 01:42Comments(0)

2018年05月10日

WPOカンフェレンスへのパートナーがすごい

今回のカンフェレンスには51社ものスポンサー企業が応援していました。ロビーを見ても、カバン、靴、アクセサリー、服、お化粧品といった販売ブースや、自動車の展示!や、クレジットカード会社、健康サポート企業、資産運用、銀行、出版社・・・など。ものすごい人だかりで、みんなガンガンショッピングをします。わたしも「自宅の洗濯機で洗える」というサンダルを買いました! ハーバードビジネススクールも起業家・ビジネスオーナー向けのビジネススクールに200万円の奨学金を2人に提供。対象は10億円以上の売り上げのある企業で、応募した経営者から最後の4人が大会場でプレゼン。舞台にいる3人のジャッジがそれを聞いて最後の2人に絞り込みます。これからの2年間で、3週間集中コースを3回受講し、ハーバード卒業生クラブのメンバーになれる、というものです。

ニューヨークでのダイバーシティカンフェレンスでもそうでしたが、グローバル企業でダイバーシティに熱心な会社は、本気です。とことん本気で応援することが、経済を、そして社会全体を良くする事だと信じていることがわかります。社長が会議に参加しているといのも本気度がわかります。参加する方も、応援してくれる企業のモノを買いたいと思うし、サービスを使いたいと思う。だからサンダルを買ったりするのですよね。いいビジネススパイラルが生まれます。

国際女性ビジネス会議も、日本最大規模の1000人が集まる会議です。高校生から70代まで、男性も12%、国籍も20以上。ダイバーシティですから立場も職業も年収もまちまちですが、多分日本で一番影響力のある女性たちが参加していると思います。ここにたくさんの企業がパートナーとして参加してくださること、期待しています!

IMG_8411IMG_8412IMG_8413IMG_8414IMG_8415IMG_8419IMG_8420IMG_8421  
Posted by kaorisasaki1 at 06:30Comments(0)

2018年05月08日

女性経営者ネットワークWPO

先週のアメリカでは、世界中から、女性経営者が集まる3-4日間に及ぶカンフェレンスに参加しました。というのも、9月から、私が日本支部を設立することになったからです。

この組織は、WPO, Women Presidents' Organization といい、現在2000人の会員がいます。今回は年に1回の世界カンフェレンス。950名の参加者が世界中から集まりました。私も、9月からのWPO JAPAN Chapter Chairということで紹介され、たくさんの経営者と出会い、話すことができました。プログラムも多様で・・・

IMG_8432IMG_8440IMG_8477IMG_8466IMG_8467IMG_8468IMG_8471



  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 06:30Comments(0)

2018年03月29日

社外取締役として

本日、小林製薬株式会社の第100期の定時株主総会があり、私も、社外取締役として再任いただきました。謹んでお受けし、しっかりと努めたいと思います。

現在、小林製薬の他、日本電気株式会社、株式会社エージーピー、日本郵便株式会社の社外取締役を務めさせていただいています。過去には、東京海上日動火災保険株式会社の監査役を8年間、株式会社ニッセンホールディングスの取締役を6年間、を務めさせていただきました。

日本企業も、コーポレイトガバナンスを高めるために女性の社外取締役を一人入れるという方向になってきました。そして、社外であるだけでなく、その会社と利害関係がなく独立役員であることなどは、さらに重要です。

企業によって取締役会の様子は様々です。私の知る企業は、丁寧に、正しく運営されていますが、アジェンダや進め方に違いがあり、私自身、複数の企業の取締役会を見ることができてることも、大変勉強になっています。それぞれの企業の良い部分を学び、他の企業経営に還元できるということを感じています。

イー・ウーマンでは、女性取締役・女性監査役を企業にご紹介することも仕事にしています。女性取締役の候補、たくさんいます。

女性の取締役がいることで、視点が多様になり、利益が上がるということも海外の金融機関を中心にデータが公表されていますし、さらに日本国内でも、女性役員が増えること、取締役会がより多様な視点で議論される場になっていくことを期待しています。


  
Posted by kaorisasaki1 at 15:00Comments(0)

2018年01月10日

「最高裁でも旧姓を使う」最高裁判事就任の宮崎裕子さん

2018年1月9日付で最高裁判事に就任した宮崎裕子さん。「最高裁でも旧姓を使う」「当然です」と話されて、話題となっています。個人的に、プライベートでのお付き合いがあるので、まず心から嬉しい!素敵!と宮崎さんが最高裁判事に就任されたことを祝福し、ワクワクしています。と同時に、夫婦別姓のテーマがやっと動き出すのではないか、という期待もあります。

「夫婦別姓」というと女性の社会運動と思われがちですが、そうでもありません。少し冷静に客観的に事実を見ていく必要があると思います。

まず、「選択できるようにしよう!」ということですから、今まで通りの習慣も文化も、継続したい人はそのまま継続できます。それぞれの夫婦が選べるのですから、選択肢が増えるというだけのことです。また「今だって選択できるではないか」という男性にお会いすることがありますが、妻の姓を選んでいる夫婦は5%にも満たないというデータを見ると、選択ができているとはいえないかもしません。例えば、結婚した時に区役所で届出順に男性の姓、女性の姓と、50/50に名字を決めていく制度だったらどうでしょう?つまり、あなたの性が変わるかもしれないと考えたら、少し「自分ごと」として想像できるでしょうか。

私が以前から指摘している問題点は、経済的な不利益です。人生の途中で自分の名字を変えるということは、社会生活で不利益があるのです。例えば・・・  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 23:45Comments(0)

2017年12月11日

女性役員候補、ご紹介します

日本経済新聞の記事に「「女性役員ゼロ」 総会で反対票を」という記事がありました。記事には、グラスルイス社が、2019年から日本の主要上場企業に女性の役員起用を求めることや、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが、女性役員がいない場合は、指名委員会の委員長の取締役選任議案に反対する方針」とあります。
いい外圧だ、と私は思います。
 取締役会に女性を? と思う方もいらっしゃるかもしれませんし、「時代の流れだね」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、女性役員を、という理由は、トレンドでも人権問題でもありません。企業経営に・・・▶︎  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 00:01Comments(0)

2017年11月19日

働き方改革:新しい人事制度についての講座

働き方改革とは、何か。なんだかブームのようにこのキーワードを聞くようになりましたが、働き方改革は、ただ、色々な働き方をするということではありません。私がダイバーシティの講演でお話しするように、働き方改革には目的があるのです。働き方改革の目的は・・・▶︎続きを読む  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 23:04Comments(0)

2017年11月18日

ダイバーシティについての講演

 昨日、今日と、大阪で「ダイバーシティ」についての講演でした。昨日は人事関連エキスポでの講演。数100人の方々に向けて。終了後に、数十人の方が並んでくださり、名刺交換しながら色々お話ししました。「感動した」「やる気が出た」「今回のエキスポで一番良かった」「もっと聞きたい」など、嬉しいお声をたくさんいただきました。
 本日は、近畿百貨店協会様にての講演。関西の百貨店の社長様、取締役、そして、人事関連の方、労働組合代表まで、大変多様なリーダーがお集りでした。嬉しいことに、フィードバックシートを見ると、満足度100% ! 男性の幹部の皆様が、ダイバーシティが経営にプラスになることを・・・▶︎続きを読む  続きを読む
Posted by kaorisasaki1 at 20:30Comments(0)